闭月羞花网

您现在的位置: 首页 > 出口伤人 > 正文内容

【论语读后感 日语】

来源:闭月羞花网   时间: 2019-03-16

作文「论语读后感 日语」,作者佚名,请您欣赏。玛雅作文网荟萃众多优秀学生作文,如果想要浏览更多相关作文,请使用网站顶部的作文搜索引擎进行搜索。本站作文虽然不乏优秀之作,但仅为同学们学习交流的习作,不能当作范文使用,希望对同学们有所帮助。

  《论语》是我国的经典作品,是儒家思想的核心著作。古人云:“半部论语治天下。”可见论语在历代的统治者心目中的地位了。

  这就是《狼图腾》中讲述的故事。在这本书中,主人公陈阵与几名知青,去了呼伦贝尔大草原,看到了草原人民与狼的搏斗,看到了狼的兴衰起伏,由开始的害怕狼,到最后与游牧民族同化,近乎到了崇拜狼的地步。这几十个紧张离奇的与狼相关的故事,将我吸引到了一个狼的世界,似乎真的与这些狼共同生存在一起。

  自从汉武帝“罢黜百家,独尊儒术”以来,儒家思想统治中国近2000年。《论语》当然也就稳坐了2000年的宝座。直至20世纪初新文化运动提出“打倒孔家店”的,《论语》的地位才开始动摇。文化大革命时期深刻的“批林批孔”,更进一步瓦解了儒家思想对人们的束缚,《论语》从此埋没人间。

  “为什么人的头脑不应该把这些对立面看作僵死的,凝固的东西,而应看作活生生的、有条件的、活动的、互相转化的东西。(重点号是引者加的)”列宁《哲学笔记》第116——117页中共中央党校出版社1990年版

  群狼突然向驯鹿群冲去,使驯鹿聚成一群奔跑以确保安全。这时,狼群中的一匹狼猛冲到鹿群中,抓破一头“指定”的驯鹿的腿。随后这头鹿又被放开归队了。这一幕一遍一遍、一天一天地重演着,狼群耐心地等待着时机,受伤的驯鹿渐渐失掉大量血液、力气和反抗的意志。狼群定期更换角色,由不同的狼来癫痫症医院哪家最好扮演“剑 手”,使这头可怜的驯鹿旧伤未愈又添新创。狼群最终胜利的形势越来越明显了。

  《论语》究竟是什么内容?为什么他被古人视为经典,而后又成为所谓“封建统治者的工具”呢?怀着这些疑问,我漫步于《论语》的花园,尝试着去感受其中的奥秘。

  我们现在所处的时代恰好和乔布斯在美国的时代是一样的,这是属于商业的时代,做好准备迎接这个时代带给我的机遇吧。

  粗看《论语》,不过是一本语录,和《毛主席语录》没什么差别。可细细品来,孔子及其弟子的政治思想、人生观、世界观、教育理念等几乎都包含在语录的字里行间。《论语》里最常见的词汇,无非是中庸、君子、礼仁云云。

  中庸却是《论语》里最容易理解的而最难做到的。中庸指的是“对人处事采取不偏不倚、调和折衷的态度”。这种思想体现了当今北京居民的“忍”文化。对中庸的字面理解就是:惹不起躲得起、始终保持中立。这固然是好的,能避免许多不必要的争端,但过度的“忍”却能使一个民族沉睡,古代中国的发展就是一个有力的证据。中庸是儒家的为人之道,体现了儒家学派的软弱性。

  君子是一个意义深刻的词。从小就听说什么“君子动口不动手”、“观棋不语真君子”等,感觉君子就像个呆呆的人似的。事实上,君子就是孔子他们儒家学派的一种自称,是理想的“中庸”的人。比如“君子不器”、“先行其言而后从之斗”,都体现了君子的优良品质。与君子相对的当然就是小人了,小人并非是坏人,只是素质没有君子高罢了。《论语》花了相当篇幅直截了当的阐明君子和小人的不同点,如“君子坦荡荡,小人常戚戚”、“君子周而不比,小人比而不周”。然而,君子的物质地位往往与小人相差甚远。毛泽东说过:“小人累君子,君子当存慈悲之心以救小人。”可见君子的物质是那么的悲惨!

  礼,表现了孔子对当长春看癫痫病的好医院时社会的不满。孔子生活在动荡不安的春秋时代,诸侯国不遵守“周礼”,闹得一团乌烟瘴气。孔子的礼的核心是“正名”,即“名不正,则言不顺;言不顺,则事不成;事不成,则礼乐不兴;礼乐不兴,则刑罚不中;刑罚不中,则民无所措手足”。孔子致力于维护三纲五常,提出“君君,臣臣,父父,子子”。因此,当鲁国大夫季氏“八佾舞于庭”时,孔子愤怒地说:“是可忍也,熟不可忍也?”

  《论语》是孔子思想的主要载体,这本自古被誉为“四书”之一的经典,饱含了无数的道理。自古也有无数人不断地阅读和研究,但想要弄懂和看透它,绝非易事。今天,我只是在这里写下我所想到的和得到的一些启迪。

  仁,是孔子的道德观,这后来发展成为了他孟子的政治主张。孔子认为,“克己复礼为仁”。克制自己,遵循“礼”,这就便是“仁”了。“仁者爱人”,这里爱的“人”是指上层社会的王室贵族;尊重朝廷贵族,“不犯上”,也说明孔子对“礼”的尊重。此外,孔子还把“仁”当作“人”的标准:“仁者,人也。” 郭沫若在《十批判书》中说过:孔子“这种所谓仁道,很显然的是顺应着奴隶解放的潮流的。这也就是人的发现。”

  粗看《论语》,不过是一本语录,和《毛主席语录》没什么差别。可细细品来,孔子及其弟-子的政治思想、人生观、世界观、教育理念等几乎都包含在语录的字里行间。《论语》里最常见的词汇,无非是中庸、君子、礼仁云云。

  纵然,《论语》经历了两千个春秋,并不能完全适合我们现在的思想,但是它毕竟是经典中的经典。经典永远不会过期,我们要批判地继承这些中华,让《论语》为社会主义服务。总之,《论语》是我们必读之经典,我受它的感化甚深。

  純朴な一校生(現東大)がふらりと伊豆へ一人旅にでた。

  天城峠に差し掛かったころ急の雨で峠の茶屋に駆け贵阳治疗癫痫病著名医院込んだーー小説の出だしから、私は小説の世界にスムーズに入り込むことができました。

  旅芸人の一家と巡り会い一緒に伊豆の温泉町を旅することになった。

  その旅芸人の末っ子の純真無垢な娘に淡い恋心を抱いた。しかし、

  主人公はうぶでたぶん女性の手を握ったこともない若者です。

  彼とその娘との、しばしの楽しい旅だったのです。

  そのうちに、主人公は東京に帰ることになった。

  船着き場で別れることになった。娘は岸を離れる船に向かって、いつまでも手を振り続けて別れを惜しんだ。

  主人公は、夜に船底に横たわりながら娘のことを思った。そして、つい涙がながれてきた。淡々として、しかし娘との楽しい旅の最後に、主人公は娘が好きだったことに気づき、別れの悲しみが込み上げてきたのでしょう。

  このときの主人公の気持ちがとても印象的で、私はいまでも忘れることができません。

  たぶんこの小説を読んだとき、私もまだ純情で主人公の気持ちがよく理解できて、心情的に主人公と同じ思いになったのだと思います。

  小説には読者の年齢や人生経験がタイムリーに合うときに感動するものです。

  「伊豆の踊り子」はその小説を読んだときが学生時代だったから感動したのだと思います。

  一方、川端康成の最高傑作といわれている「雪国」は大人の小説です。

  だから、学生時代に読んだときには、あまり感動しませんでした。

  ついでながら、私は、後年<会社勤めをしたころ>、初恋の人と天城峠から下田まで「伊豆の踊子」と同じルートをたどって、二人で哪里看癫痫病比较好旅をしたことがあります。この恋人と結婚したかったのですが、彼女は東京で好きな人ができて、私は失恋しました。我が人生で女性を真剣に愛したのはこれ一回だけです。私は東大に匹敵する京大卒で、一流企業の研究者でした。一方、恋人は大学受験に失敗して東京で働いていたのです。

  京大卒のエリート・サラリーマンが高卒の娘に捨てられたわけです。しかし、「恋」とか「愛」とかいうものはそんなものでしょう。

  失恋して悲しかったし(3kg痩せました)、悔しかったが、これが人生です。半年後に立ち直ってから、私はもっと強くならなければならない、と決意しました。それから、仕事を猛烈にしました。

  恋人と二人で伊豆の旅をした思い出は今でも忘れることができません。

  今もし、再会したら、彼女はもう65歳くらいのお婆さんでしょう。しかし、私の胸にときに蘇る彼女はいつまで経っても20歳のういういしい可愛い娘です。江西師範大学で陳さんたち女学生に教壇で教えて

  いるおじいちゃん先生の胸に、あなたたちと同年齢の娘が息づいていることを、陳さんは信じられますか?

  そして「伊豆の踊子」は私にとって、最も思い出深い青春小説なのです。

   

   

   

   

  小编精心推荐

  

论语读后感 日语相关推荐:

北京军海癫痫医院
推荐阅读
本类最新

© zw.umhbe.com  闭月羞花网    版权所有  京ICP备12007688号